Just another WordPress site

2015年8月15日

グローバル化への課題

グローバル化が難しい理由として、英語をコミュニケーションの術=ツールとして使えない日本人が多いことを前回述べた。そして、グローバル化の障壁になっていることとして、日本人の国際社会での「多様性」に対する理解がまだまだ不足している点だ。特にこの多様性への理解は、海外で事業展開したりするためには絶対に必要不可欠である。そして、多様性を理解するには社会的背景への理解も不可欠である。

平たく言うと、海外に出て行くと、その中で暮らし、ビジネスを行おうとすると、まず日本のなかでのやり方がそのまま通用するわけではない。だから、「クロスカルチュラル・マネジメント」の重要性が語られるわけである。ただ、私もかつて某大手人材育成会社の海外赴任研修で同マネジメントの研修を受けたことがあるが、正直、おきまりのコース内容で大して実にならなかったことを記憶している。

一昨年、人材育成研修コンサルティング会社を経営している知人から海外赴任前研修プログラムの企画製作の依頼があり一緒に仕事をした経験があり、その頃の話をしたいと思う。