Just another WordPress site

2015年8月22日

事の真相とFXの可能性

受講生の回答:
ほとんどがお金が欲しかったから…借金があったのでは…

回答:上記経理担当者が涙ながら語った理由
私の家族は8人、両親と兄弟6人で、私は長男、すぐ下は2歳年下の弟とかがいます。父親は鍋とかを作る職人で母親は洋服の仕立て直しをしており収入は少ないです。私以外の兄弟は中学卒と高校中退ばかりで私だけを大学を卒業できるまで育ててくれました。兄弟たちは定職がなく、まともに定職についているのは私だけです、大学卒業をさせてもらったからです。ですから、私は家族の中で収入源としてもっとも頼られています、この国では低所得者層が成功者にはなれません、ですから兄弟たちはまずまともな定職にはつけません。そして、私は大卒にしてくれた両親に恩返しなければと思い、最初は軽い気持ちでしたが徐々にエスカレートしてしまいました。

私の回答:
みなさんはお金が欲しかったから…とかですが、ではどうして不正をしてまでお金を欲しがるのかを考えなければなりません。そのためには、その国の文化・風習・生活環境・経済情勢等をしっかりと理解する必要があります。フィリピンという国は新興国でまだ貧しい国です、人口に対し職数は限られており、長期雇用する企業は多くありません。そして、貧しいけど大家族が多く、家族愛は非常に厚く、家族が家族を支えていくという文化が日本よりも強いです。このようなことを理解することがビジネスでもとめられるのです。なぜならばこのような社会的背景がその国民を動かすわけですから、そういった背景がリスクに結びつくのです。

リスク管理の原則:
上記のことを簡単にまとめると、その社会の中での現象や人間の行動を観察する目を常に持っていないと社会背景を読み取ることはなかなかできません。その国の文化・風習・生活環境・経済情勢等に基づた社会的背景を把握し、このような背景はこういったリスクにつながる可能性があるといったことを整理し、ビジネスの現場での個々の状況に当てはめていきながらリスクを予想しそして回避する手段を講じることが求められます。

インターネットがもっと普及すれば、自分たちで勉強し外貨為替などで利益を上げることが出来ます。

海外FX業者一覧から良い所を探しトレードしてみましょう。